読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年1月

髪を切った。外へ散髪にも行かないので髪はボサボサに伸び放題。切り甲斐もある。切り終わってみると、若返ったように印象が違う。本人の気分はどう変わっていたのだろうか。しばらくしてから、襟足の部分をもう少し切った方が良いかなと感じたので尋ねてみると、「このままで良い、襟足が長い方が良い」との事で、髪型に多少でもこだわりを持っているのは喜ばしい事だ。

海鮮系が美味しそうな和食のお店へ外食に行く予定であったが、当日になって、調子が悪いし、行っても食べるものがないからという事で結局中止に。いつもの事なのだが。歯医者に通ってもらって歯を整えてくれれば、食べる事も出来るようになるのかもしれないが、過去に行きつけだった歯医者までは少し距離があり、かつ、通うとなると頻度高く通う必要があるのでそれが辛いとの事。探せば歯医者の一つや二つでもきっとあるだろうと思うので、そこに行ってもらえればと思うがどうする働きかけるのが良いだろうか。色んな食べ物を取り入れる事によって栄養がとれないばかりか、噛むという行為自体が出来ない事によって色んな悪影響が出てしまっていそうだな。

専門的な技能を持っている訳でもないし、無理矢理外に連れ出す事も気が引けるので、同じ事の繰り返しを少しだけ強引に遮って日常に変化を与える事位だろうか、自分に出来る事としては。

毎朝、大体同じ時間に起き、布団の中でお気に入りの戦国ドラマを見て、見るのに疲れたら眠り、眠るのに疲れたら目を覚ましてまたテレビを観始める。夕方位になったら着替えをして何時もと変わらないスーパーまで何時もと変わらないルートで車を走らせ、これまたルーティン化してしまっている食材を買って帰路につき、夕飯の準備を行う。夕飯自体は作るが、主に食べるのは食べやすい素麺。食事が済んだら片付けをし、お風呂に入って、眠りにつく。そしてまた朝を迎える。

少し部屋の雰囲気を変えてみたり、いつもは外出しない時間帯に買い物に行ってみたり、荷物を送る事で配達の人と一言二言でも会話するような状況をつくってみたり、いつも通うスーパーではないスーパーで買い物をしようとしてみたり、普段買わないような食材を選んで買ってみたり。そういう事位かなと思っている。